2016年04月07日

ストリートファイターライバルズ

サイコロ塾の子どもたちがはまっていて、
かつ簡単ではあるけれど一定の読み合いが必要になるゲームです。


「ストリートファイター」シリーズをご存知ですか?
シリーズ2作目となる「ストリートファイターU」は、
ビデオゲーム史上において、「対戦格闘ゲーム」というジャンルを確立した、
超有名、伝説的なタイトルです。
どんなにビデオゲームに疎くても「ストU」と言えば、
その世代のたいていの子どもたちがわかるような、そんなゲームでした。


さて、その有名ゲームをカードゲームの形に仕立てたものが、
こちらの「ストリートファイターライバルズ」です。


本家のビデオゲームよろしく、二人対戦専用のカードゲームになっています。
手持ちのカードから秘密裏に選んだ一枚を、同時に公開して、
そのカードの強さの優劣で、相手の体力をうばっていく、といった感じの流れのゲームです。

IMG_0703.JPG


このゲームのどういった点が子どもに刺さっているか?
いくつかあると思うのですが、ひとつ大きなことは、
「キャラクターになりきって闘うことができる」
ことではないかと思います。


オセロや将棋では、先手後手という差はありますが、
基本的に手持ちの駒に違いはなく、その意味で公平な状態からスタートします。


ところが、このゲームでは如実にキャラクターごとに能力が異なるのです。
本来であれば、この部分に対して不平や不満が出ていいものですが、
子どもたちは逆にそうした違いを楽しんでいるようにも思います。


もちろん大枠で似た効果を持ったカードもある(強さを大小逆転する、ダメージを減らす、など)ものの、
カードの構成は、キャラクターのビジュアルや性質を大いに反映したものになっています。


それだけに、キャラクター同士の相性によっては優劣がつきやすいところもあるのですが、
それによって生じる勝ち・負けでさえも子どもたちは楽しんでいるように見えました。


このゲームは、子どもを惹きつける力が非常に大きく感じます。
対戦型のカードゲームは一般に複雑なテキストがあって、
それを理解することに難しさを感じるのですが、
そういったテキストを読む力(読解力)や、
相手の状況を鑑みた上で自分の一手を選ぶといった力がこうしたゲームで養われているように思います。


サイコロ塾ではまだまだ子どもたちに、
「ストファー」(と略して呼んでいます笑)ブームが続きそうです。



最近のゲームですので、Amazonで購入できます。
「ストU」世代の親御さんたちも子どもと一緒にいかがですか^^


posted by サイコロ塾塾長 at 12:00| Comment(0) | ゲーム紹介

2016年04月01日

このブログについて

こんにちは。

井尻サイコロ塾の塾長をしています、財津と申します。

このブログは、福岡市南区井尻にある「井尻サイコロ塾」の紹介をしていくブログです。
日々の活動の様子は別途Facebook(https://www.facebook.com/saikorojuku)でお伝えしていきます。

このブログでお伝えしていくことは、大きく2つです。


1つ目は、「井尻サイコロ塾」で使用しているアナログゲームの紹介です。

アナログゲームとはどのようなものを指すかご存知ですか?
人生ゲーム?UNO?
ちょっと知っている人なら、「モノポリー」とか。


日本で知られている「アナログゲーム」はとっっっても少ないですが、
実はドイツでは毎年1000種類以上(!)ものゲームが発表されています。

それらのゲームは、「問題解決力」を身につけたり、
「伝え合う力」を身につけたり、単に楽しみのために使えたりします。

このブログでは、そうした「アナログゲーム」の中から、
塾に現在常備していて、子どもたちが遊んでいるゲームの紹介をしていきます。

単純にそれらのゲームがどんなものか、と紹介をするのに加えて、
それらのゲームでどんな力が育つ可能性があるか、ということも書いていきます。

もしかしたら、小難しい話になるかもしれませんが、
どうぞ読んでいただければ幸いです。



2つ目は、日々子どもたちとの関わりの中で考えたことです。

子どもたちの様子を見ていると、僕なりに考えたことが見えてきます。

これは、小集団で学童保育という形態で子どもたちを見ているならではと思います。
あくまで私見にはなりますが、考えたことをまとめる形でブログを書いていければと思っています。

こちらはなかなかまとまらないと思いますが、少しずつ書いていきます。
どうぞ温かく見守ってください。



以上がこのブログについてです。

できれば定期更新していこうと思っています。
よろしくお願いします。



posted by サイコロ塾塾長 at 10:46| Comment(0) | そのほか