2016年05月12日

マイクロロボット

こんにちは!

GWを挟んだので久しぶりのブログ更新となります。


今回紹介するのは、「マイクロロボット」というゲームです。


このゲームは、ボード上の特定のサイコロの目からサイコロの目に、
ロボットを何回の動作で移動できるか、ということを素早く判断するパズルのようなゲームです。

IMG_0778.JPG

ロボットの動かし方には特徴があって、
原則として、縦か横に一直線にしか動けません。

また、今ロボットが置かれているマスと同じ色のマス(6色あります)、
もしくは、同じ数字(サイコロなので1〜6)のマスに移動できます。

目的地となるマスを決めるために、
色を指定するサイコロと数字を指定するサイコロの2つを振ったら、
「よーい、スタート!!」

頭の中で、何回の移動で目的地までたどり着けるかを考えます。
一番早く移動数を申告することができたら、答え合わせ。

実際に子どもにロボットを動かしてもらって、あっていたらめでたく1ポイントもらえます。



このゲームのポイントは2点です。

1つ目は、ロボットの特性を踏まえた上で移動した経路を再現すること。
これには、答え合わせまでのごく短い時間、経路を記憶しておく必要があります。

子どもによっては、頭の中で目的地までたどり着けはしたものの、
答え合わせのときにうまく再現できない、ということが起こります。

人の記憶は、だいたい「7±2」個の物事まで短い時間なら覚えておけるそうです。
できるだけ、「7」回以内の移動でロボットを目的地に移動できるように経路を考えるとよいですね。



2つ目は、ゲームに使っているボードを俯瞰で見ること。
「う〜ん」と袋小路に入り込んでしまうと、
なかなかルートを思いつくことが難しくなってしまいます。

IMG_0777.JPG

そんなときは、いったん視線をひいて考えてみることです。
近くばかりをみていたなら、遠くの場所を見てみる。
色に着目していたなら、数字に着目してみる。


そうすると、意外と道が開けてくることがあるというのが面白いところです。

実際、「岡目八目」というように、当事者では気づきにくいことが、
周りから見ている第三者からは明らかに分かるということがあります。

ちょっと視点を変えてみる、一歩引いてみてみる。
こういうことをゲームを通して、
子どもたちが自然とできるようになるといいなぁと思います。



「マイクロロボット」はAmazonでも買えるようです。
とっても簡単なゲームですが、
その実、短期記憶を鍛えたり、俯瞰でものを見る力をつけたりするのに役立ちます。

ご興味を持たれた方はどうぞ。


posted by サイコロ塾塾長 at 10:56| Comment(0) | ゲーム紹介