2016年05月26日

「宿題」って嫌なもの?

みなさん、こんにちは!


今回もゲームの紹介ではないです。
紹介したいゲームは溜まってきているので、
また、まとまったら文章にしていきますね。


さて、今日は「宿題」についてです。
というか、僕の学習観のようなものの紹介になるかもしれません。
あくまでいち個人の意見として読んでいただけると幸いです。



サイコロ塾では、学校から帰ってきた子どもが過ごします。
学校の宿題をする子もいれば、まっすぐゲームをする子もいます。


僕は、「宿題あるの?」とは聞くけれど、
「宿題をしなさい」とは言いません。
宿題をしだした子どもがいればお手伝いはします。
ただ、「学習を強いる」ということには、
ひときわ敏感になって子どもと関わっていると思います。
今回はどうしてそういう態度をとるのか、
ということについて書いていきます。


子どもたちは、「勉強嫌い」「宿題やりたくない」と言います。
なぜ?


「宿題」って嫌なものですか?


かくいう僕は小さいころ宿題をあまりする子ではなかったです。
それは、いったん身につけた内容を、何度も繰り返しさせる、
というやり方が嫌だったからです。
でも、勉強は嫌いではなかったし、今でも嫌いではないです。


むしろ、好きかもしれない。
だって、新しいことを知ることができるし、
それによってできることが増える、
新しい体験をすることができるようになる。
読めなかったものが読めるようになる嬉しさ、
自分で買い物をすることができるようになる誇らしさ、
そういったものは勉強がくれたものです。


「先生」はたくさんの知らないことを知っていて、
学校の授業はいつもワクワクするものでした。
その思いは今でも変わりません。


サイコロ塾に来て宿題をしている子どもたちを見ると、
とても辛そうに、苦行でもしているかのようにしています。


ひとえに宿題の出し方などの問題はもちろんあります。
(直接は書きませんが・・・)
しかし、そもそも「宿題」「勉強」に対する、
ネガティブイメージが子どもたちあるように思います。


いつから?
いつからそうなるんでしょうか?


宿題がポジティブイメージをともなっているもの、
宿題をすることによって、新しい扉が開けて、
次にまた進んでいける、っていう感覚をもたらすことって、
できないのでしょうか?


子どもたちにとって、宿題・勉強はいつの間にか、
「しなければならない」ものになっています。
本当は「したい」ものである方がいい。


ヒトは生来的に「学びへの欲求」を持っていると思います。
「食べる」や「寝る」などの欲求が満たされたあとにはなりますが、
その後は知識・情報を栄養とする生物だと思っています。


「宿題って楽しいんだ」「勉強って楽しいんだ」というのは、
実は最初は子どもたちは持っていると思うんです。


それが、強制されたとき、嫌なものになる。


だから、サイコロ塾では、
「宿題・勉強のご褒美にゲームをするということは決してしない」
ことを方針としています。


これは暗に、
「宿題・勉強」=辛くて、しなければならないこと
「ゲーム」=楽しくて、したいこと
という構図を子どもたちの感覚として作ってしまうからです。


サイコロ塾でやっていることは、
子どもたちがもともと持っている、
「学ぶって楽しいんだ」という感覚を取り戻すことです。


「ゲーム」は楽しい。それはそう。
だけど、実は「ゲームは学ぶこと」だし、
「学ぶことでゲームはもっと楽しくなる」。


「ゲーム」も「学ぶこと=宿題・勉強」も共に楽しいことなんです。
こうした学習観ってなかなか理解されないかもしれません。


ただ、1つの理想として、
ゲームを通して子どもたちに伝えていくことができたら、
と思っています。


http://www.q2l.org
リンクはアメリカのチャータースクール「Quest to Learn(Q2L)」です。

僕は、これを目指しています。

いつか、実現させたい夢です。
posted by サイコロ塾塾長 at 12:49| Comment(0) | そのほか