2016年06月23日

ゲームにおける失敗体験

みなさん、こんにちは!!

ちょっとゲームの紹介が滞ってますが、
そのうちたまったゲームたちを紹介していきます。


さて、今日のブログのテーマは、「失敗」についてです。


ゲームにおける最大の失敗、それはゲームに負けてしまうことです。
子どもたちの様子を見ていると、
やっぱり負けるのはとても悔しそうで、
すぐに、「もう一回」と声をあげることがあります。


それだけ、勝つ=「成功」という体験が持つ、
自分を肯定できる、誇れる感覚が大事だとも言えます。
この、自分を誇れる感覚はとっても大事なのですが、
それは別稿に譲るとして、今回は、
このゲームにおける「失敗」の意味について考えます。

tehepero1_boy.png

ゲームの特徴として、
「行動の結果が即時的にフィードバックされる」
というものがあります。

ゲーム内で自分が取った行動が、
ほかのどんな場所に影響していて、その結果として、
どのような作用を及ぼしたかがわかる、ということです。

将棋や囲碁のような、
「運」のまったく関与しない、アブストラクトという分野のゲームでさえ、
はじめの一手がとっても重要であることはよく言われることです。
「原因(=自分の取った行動)」から「結果(=勝敗)」までの、
その距離が長いので想像が及びにくいのですが、
ここで言いたいのは、結局自分の取った行動の結果が、
なんらかの形で自分でわかるように設計されている、
それがゲームの特徴であるということです。


このようなとき、ゲームにおける「失敗」は、
ただただ無用に劣等感を引き起こしたり、
個人の名誉を傷つけるものではありません。


むしろ「成功」へのヒントをあたえてくれる重要なものです。
「あのときこう動いていたら・・・」
「あのサイコロの目が2だったら・・・」
というように、
ゲーム中のプレイの内容を振り返ることは、
そのまま勝ちにはつながらなくとも、
それぞれのプレイングを改善していくヒントになります。
そして、これはゲームだから容易なのです。


現実世界だとそうはいかない。
それは、さまざまな要因が絡み合って、
「結果」が生み出されているからです。


とはいえ、「ゲーム」というマジックサークルで区切られた空間で、
上記に挙げたように、「なぜこのような結果になったか?」を
考える癖をつけておくことは決してマイナスにはならないと思います。
よく「できるだけ失敗をして、失敗から学びなさい」と言われます。

しかし、「失敗からどのように学べばよいか?」は、
意外に教えられることは少なく、
具体的に「いつ」「どこ」といった項目で自分の行動を振り返る、
という癖をつけていなければ、うまくいきません。



子どもたちはすぐに「もう一回!!」といってゲームを始めてしまいます。
それは「勝ち」の魔力からという理由のほかに、
ゲーム自体が楽しいからというのもあるのでしょう。
とはいえここで、あえて「勝ち」にこだわるのであれば、
「失敗」を振り返るということには意味がありそうです。

もちろん、通常は子どもたちのモチベーションを止めてまで、
無理に「失敗」を振り返らせることはしません。
というか、自然に改善ができる子どもは次のゲームの中でしています。
しかし、放課後ボドゲ道場の中ではあえてひとつひとつを具体的に振り返って、
次につながる何かを見つけてもらおうと思っています。
posted by サイコロ塾塾長 at 09:45| Comment(0) | そのほか