2016年07月21日

ポケモンGOと夏休み

みなさん、こんにちは!!


サイコロ塾長の財津です。


本日は、巷で話題の「ポケモンGO」について、
とりとめない感想を雑に書いていこうと思います。



位置情報ゲームと呼ばれる、
GPSを用いたゲームは随分前からあって、
アイディアとしては決して新しくないものなんです。


それを巨大IPである「ポケモン」を使って、
できるところがすごい。感動!


そして、「Ingress」を作ったナイアンティック社が
開発しているというところに信用がおけます。


その昔「セカイカメラ」というアプリが出た時、
「AR」という技術が脚光を浴びました。


AR=Augumented Reality(拡張現実)とは、
現実の環境の中に、デジタルの情報を埋め込む技術です。


そこに「実在」はしていないけれど、
別の入り口を通して見ることで、新しい「虚」な存在を、
作り出すことができます。


「セカイカメラ」ではそれによって、
現実に情報を付加しようとし、
「Ingress」では、2大勢力による抗争というストーリーを
付加しました。



そして、「ポケモンGO」。
「ポケモンGO」は果たして、
僕たちにどんな付加価値を与えてくれるのでしょうか?


僕はポケモン世代ど真ん中かというと、
決してそうではないのですが、
そこに、「ポケモン」が存在する世界が隣接していて、
それと関われるということにワクワクします。


こうした「冒険」を与えてくれるのかもしれません。



もちろん、世界は何も今のままでも、
驚きや、喜びや、美しさに満ちていて、
デジタルなフィルタを通さずとも楽しいです。


とはいえ、そういうところに気づくきっかけって、
なかなか子どもは持ち合わせていないかもしれません。


そんなとき、どこかに出かけるきっかけに、
そして、世界を知るきっかけに、
この「ポケモンGO」がなればいいなと思います。
夏休みは、ぜひともポケモンを探しに繰り出してほしいものです。


実はこの、「どこかに出かけたくなるゲーム」は、
その昔、まだデジタルゲームを作りたいと思っていた頃、
いつか作ってみたいコンセプトのゲームでありました。
(当時から似たようなゲームのアイディアを考えてました)


今の夢は変わってしまったけれど、
子どもたちにとって、
「学ぼうとする力」や「好奇心」を育て、
真の意味で「生きる力」を!!という思いは同じです。
ポケモンGOに負けないよう、
サイコロ塾も頑張っていくぞ!!



さて、子どもたちは明日から夏休みです。
サイコロ塾にも元気な子どもが増えます。
楽しみです。


IMG_0960.JPG

*写真はなんとなーく裏の井尻池に、
「コイキング」でも現れないかなぁと撮ったのでした。笑
posted by サイコロ塾塾長 at 13:00| Comment(0) | そのほか