2017年12月21日

小学生のお買い物

こんにちは!

先週は実はブログを書くのを忘れていました・・・
気が付いた時には時すでに遅し。
まっ、無理なく続けていきますね。


さて、テーマとしては1回空いてしまいましたが、
引き続き制作中のゲームのデザインノートを書いていきます。

前回までに、取り上げるのを「おつり算」にすること、
「お買い物」をすることなどが決まったことを書きました。


では、何を買うのか?という話です。


ずばり、テーマは「遠足のおやつ」です!!


みなさんは、小学生の時の遠足で、
「おやつは○○円までだよ!」と先生から言われ、
小銭を握りしめて駄菓子屋へ買い物に行った記憶はありますか?


ちなみに僕の時は、250円でしたが、
現在は少し事情が違うようです。


こちらのブログでも紹介があるように、
福岡市では30年以上も前から配布制度とのことで、
隣町でこんなにも違うものだと驚きました!!


さて、僕自身は、前回のデザインノートでも書いたように、
「選ぶ」ということは子どもの自主性や考える力を
育む根本にあるアクションだと思っているので、
この「遠足のおやつを選ぶ」とうことをぜひしてほしい!


そこで、ゲームの中で体験をと考えたのでした。


思えば、限られたお小遣いの中で、
それをどう使うか?ということは、
小学生のときに培われたものだと思っています。


そして何より楽しくないですか?

1円単位で少しでも駄菓子をたくさん買ったり、
ちょっと高めのお菓子を買ったり、
子どもごとに買うお菓子に個性が出て・・・


そんな体験をぜひゲームの中でできればいいですね。

だがしやイラスト.jpeg


さてさて、いよいよ次から「ルール」を考えていく
フェーズに入ります。


次回は、最初に考えた「ルール」をご紹介しますね。
posted by サイコロ塾塾長 at 11:01| Comment(0) | ゲームデザイン