2016年06月30日

パッチワーク

みなさん、こんにちは!!


今日は久々のゲーム紹介です。
今日紹介するゲームは『パッチワーク』です。

IMG_0873.JPG


『パッチワーク』はその名の通り、
自分のボード上に布の切れ端を使って、
パッチワークを作っていくゲームです。


ボードゲーム業界では、
とっても重厚なゲームを作ることで有名な、
ウヴェ・ローゼンバーグ(通称ウヴェ様)作のゲームです。


2人用のゲームなんですが、
たくさんのタイルを使うので机いっぱいに広がります。

IMG_0872.JPG

このゲーム、自分の番にすることはたったの2つ!!

1つ目は、経過時間を表すボード(写真真ん中)上で、
相手がいるマスより1つ先のマスに自分のコマを移動すること。
移動をすると、その移動したマス数分、
ボタンがもらえます(このゲームにおける「お金」に相当します)。

2つ目は、木製ゴマが置かれているところ(写真やや上部)から、
時計回りに3つ目までのタイルのいずれかを購入し、
自分のパッチワークボードに配置すること。
当然、購入にはボタンが必要で、
加えてタイルごとに設定された経過時間分、
経過時間ボード上の自分のコマを移動させます。

もし、相手のコマを追い越したならば、
相手の番になりますが、
自分が相手より後ろにいる限り、自分の番が続きます。


これを続けていって、経過時間ボード上のゴールに、
2人ともが到達したらゲーム終了です。

その時点で持っていたボタン数から、
自分のパッチワークボード上で、
埋めることのできなかったマス数×2マイナスして、
最終的な得点を競い合います。
(ちょっとわかりにくくてすみません)


*追記(7/1)
動画を追加しました。
https://www.youtube.com/watch?v=KNUNWrc-OJ0


さて、このゲーム、初めてした時、
まったく勝ち筋、つまりは戦略のようなものが掴めませんでした。
その後何回も子どもと取り組んだのですが、
なんとなくやっていたにも拘らず、
僕が勝ち続けるという結果になりました。


「これは、何かあるぞ」と思って、
自分のプレイングを振り返って、コツをまとめてみました。



1つ目のコツは、
「ゲームの序盤・終盤で価値の高低を見極めてタイルをとる」です。

このゲーム、序盤はボタン(=お金)がなくて、
買い物をしたいのに大変カツカツな状態を強いられます。

経過時間ボード上のある地点を通りすぎると、
そのときまでに自分のボード上に配置できていた、
ボタンの描かれた数に応じて、ボタン(給料)をもらえます。

しかし、序盤はとにかくお金が貯まりません。
このようなとき、価値の高いタイルはずばり、
「お金を産んでくれるタイル」です。

せっかく給料をもらえる場所を通過しても、
自分のボード上にボタンが描かれたタイルが少ないと、
次のタイルを買う元手となるボタンが手に入りません。

そこで、序盤はとにかく「お金を産んでくれるタイル」、
つまり、「ボタンが多く描かれたタイル」を優先的にとっていきます。

もちろん、購入費に対して、効果の高いタイルを取っていく方がよいです。
購入費1ボタンあたりの収入ボタン価値を計算して、
その値が高いものを購入していくことが1つの戦法になります。



序盤と打って変わって、終盤は、
「パッチワークボードを埋められないことによるマイナス」を
減らすために、タイルを買っていく必要があります。

終盤に重要な価値の高いタイルは、
「面積が大きいタイル」です。

というのも、時間経過ボードが進んでいくと、
給料としてもらえる回数が減っていくため、
相対的に、ボタンが描かれたタイルを買うことによる、
収入ボタン価値が下がりからです。

最終的に埋めることができなかったマス目は、
とっても大きなマイナスになるので、
終盤は積極的に自分のパッチワークボードを埋めていく必要があります。

そこで購入費1ボタンあたりの面積価値を計算して、
その値が高いものを購入していくことが1つの戦法になります。



このように、タイルの持つ「価値」はゲームの進行状況で変化します。
日常生活では、さまざまなモノ・コトに対して、
いろいろな価値が存在しています。

それぞれのモノ・コトは、それを取り巻く環境や、
主体となっている人によっても異なってきます。
いかにそれを見極めて、その時々に選び取っていくか、
(ちょっと婉曲的すぎはしますが・・・)
そういうことを学ぶことにつながるといいなと思います。



さて、パッチワークに話を戻して、もう1つのコツは、
「相手にボーナスタイルを取らせない」ことです。


これは、1つ目のコツに比べて、より短期的な戦法になります。
このゲームでは、時間経過ボード上で相手より早く通過することで、
もらえるボーナスが存在しています。

それは、1×1を埋めることのできる特別なタイルです。
このタイルの価値は、このあと述べる「7×7ボーナス」に関わります。

相手より先に、自分のパッチワークボード上で、
7×7のマスを綺麗にタイルで埋め尽くした場合には、
最終得点時に加算されるボーナスがあります。
普通にタイルを配置していくと、
どうしても空きマスがどこかにできてしまいます。
そんなとき、「1×1タイル」が大変役に立つのです。

「1×1の特別タイル」を取ることは、
ちょっとした短期目標になっていますが、
その達成が、「7×7のマスを綺麗に埋める」という、
別の中期目標にも関連していることはとても面白いです。


実際に、「相手にボーナスタイルを取らせない」ためには、
そのときどきで、自分が獲得できるタイル、
そのタイルによって経過する時間などを計算して、
綿密に計画をする必要があります。

しかし、それだけの価値有る戦法ではないかと思います。
そして、短期目標の達成が中期目標、ひいては、
「勝利」という長期の目標につながっている。
いや〜、すごいゲームです。


上記2つのコツは、
まだ言葉にして子どもには伝えていませんが、
その先にある「学び」とともに今後は伝えていく予定です。



ここからは、先日子ども2人が対戦した様子を。

IMG_0906.JPG


ゲーム序盤の2人のパッチワークボード。

IMG_0909.JPG

IMG_0908.JPG


そして、ゲーム終了時の2人のパッチワークボード。

IMG_0911.JPG

IMG_0910.JPG


ゲーム終了時に写真が撮りたくなる!!という点でも、
とっても素敵なゲームだなと思います。


現在はAmazonでも簡単に手に入りますので、
もしよかったら購入してみてください。


posted by サイコロ塾塾長 at 11:34| Comment(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: