2016年08月25日

親子でゲームをすること@

みなさん、こんにちは。

井尻サイコロ塾財津です。

今日は「親子でゲームをすること」についてです。


小さい頃、母親がトランプゲームに付き合ってくれたことがあったなぁ、
などちょっと思い出しながら書いています。

map_family_shinken.png


親子で何か?をすること自体、
教育的な意味合いで推奨されることですので、
ここでは、「ゲーム」をすることの良い点をご紹介します。
いくつかあると思うのですが、まずは思いつくところから。


それは、子どもの力、その成長に気づく機会となることです。
学校の授業参観では見えないことです。


知識が身についているかどうか?
ではなくて、ゲームを通すことによって現れる、
知恵、賢さ、我慢強さあるいはその逆、
ずる賢さ、狡猾さ、短気さ
そういったことに気づくことになります。


なぜそうなるか、というと、
ゲームが子どもの「勝ちたい」欲求を刺激するからです。
それも、一緒にやっている自分の親に。
そして、そうできる可能性がゲームであればあるから。


もちろん、考えうる手もその深さも、
子どもと大人では差が出るのですが、
そんな中であっても「勝ちたい」という欲求を満たすため、
とにかく必死になります。


「いやいや、それなら子ども同士がゲームをしている場面を見ればよいのでは?」


確かに、その場面も見てもらいたいですが、
子どもと一緒に親がゲームをする意味は確かにあります。


それは、一緒に感情を共有する体験です。
ゲーム中の「悔しさ」や「嬉しさ」を自分のものとして感じ、
また、親である「自分」が感じるからこそ子どものそれがわかるのです。


「ゲーム」の中では否応なく、
子どもも、そして親自身も同じスタート地点に置かれます。
ルールや運の元で平等であるからこそ、
子どもの感じる原体験を大人である親も感じられる可能性があります。


というわけで、少しまとまりは悪いですが、
以上が「親子でゲームをすること」の意味です。


さて、井尻サイコロ塾の夏休み講座も8月27日(土)で終わり。
27日(土)は普段は出さないゲームで遊びます。
よければ、親子でいっしょに参加してもらえるとよいですね。
posted by サイコロ塾塾長 at 10:09| Comment(0) | そのほか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: