2017年11月09日

ゲームに入れるアイディアを思いつく

こんにちは!


今日からはいよいよ駆け出しのボードゲームデザイナーとして、
ボードゲームのデザイナーズノート的なものを少しずつ書きます。


ボードゲームのデザインをする上で、
いろいろな着想の仕方があると思います。


たとえば、なんらかの「テーマ」「モチーフ」が先にあって、
「ワーカープレイスメント」「ダイスロール」など、
ゲームに使われているしくみ(ルール)を乗せて、
ゲームを作っていく方法があります。


あるいは、はじめに思いついた「ルール」に、
適切な「テーマ」「モチーフ」を乗せていく方法もあります。


で、我がエドシュピールの着想方法は、
「学びのデザインからゲームをデザインする」やり方です。


「ゲームから何を学ぶか?」、視点を変えれば、
「ゲームを使って何を学ばせるか?」という話題については、

1、認知
知らなかったことを伝える

2、説得
意識や考え方を変える
行動する意欲を高める

3、習熟
動作や手順を学ぶ


といったことがあります。


まずゲームを通してどんな学びをデザインするかを考えました。

結論を言ってしまうと今回チャレンジしたのは、
「2、説得」の意識・考え方を変えることです。


ゲームをプレイすることによって、
ある考え方を体感して学んでいけるように
デザインすることを目指しました。


ぼんやりとこんなことを考えていた時に、
文部科学省が実施している「全国学力・学習状況調査」の
ある「算数」の問題に出会ったのです。


さてさて、それは・・・
また次のブログで書きます!
ninomiya_kinjirou2.png
posted by サイコロ塾塾長 at 16:17| Comment(0) | ゲームデザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: