2017年11月30日

選択肢を準備すること

こんにちは!


1週空きましたが、ちゃんと更新します笑


さて、今回も引き続き現在作成しているゲームについてです。


前回のブログで、今回のゲームでは
「おつり算」の考え方を「説得」することを
目的にしていくことを書きました。


今回は、それをどうゲームに落とし込むかについてです。


ゲームへの落とし込みについて考えた場合、
「選択肢をどう準備するか?」をまず考えました。


いつかのブログで、「パズルとゲームの違い」
について書きました。


ゲームをゲームたらしめているのは、
ある選択をしたときにその結果が一意的なものではなく、
多方向に広がる可能性があることだと思います。


そのため、ゲームを作る上で、
プレイヤーにどんな選択肢を提示するかはとても重要です。


question_head_boy.png


ボードゲームでプレイヤーが行う選択には、例えば、

「Aというアクションか?Bというアクションか?」

「Cというカードか?Dというカードか?」

「Eという効果を使うか?使わないか?」

などなどほかにもたくさんです。


では、今回取り上げる現実の「お買い物」をみてみると、

「Aという商品を買うか?Bという商品を買うか?」

がまず始まりで、
実際に買うものが決まった後には、

「1000円札で払おうか?すべて100円で払おうか?」

という選択が出てきます。


今回作成しているゲームでは、
少し雑かもしれませんが、この部分をそのままゲームに
取り入れることにしました。


まずは、ゲームの中で、

「欲しいものを選ぶ」

そして、

「どうやって支払うかを選ぶ」

ことをプレイヤーがします。


このままでは、現実のお買い物まるでそのままなので、
これに、ちょっとした目標(ゴール)を設定することで、
「ゲーム」にしました。


それが、

「できるだけたくさんの商品を買う」

「支払い後、おつりの硬貨を一定数以下にする」

ことです。


一見すると、2つのことは相反することのように感じます。

けれど、「ゲーム」にする上で適度なジレンマを
生み出すことに使っているのです。


「お釣りの枚数は減らしながら、できるだけ多く買う」


この目標のために、2つのアクション

「欲しいものを選ぶ」
「どうやって支払うかを選ぶ」

が悩ましく、考える「意味のある遊び」となるのです。


思えば、今回のゲームは、
「ルール」は存在していたので、
そこに「ゴール」を加えることで、
「ゲーム」になったのだなと思います。


少しずつ全容が見えてきました。

次回は「テーマ」をどう選んだか?を書きたいと思います。
posted by サイコロ塾塾長 at 13:23| Comment(0) | ゲームデザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: