2017年10月12日

パズルとゲームの違い

こんにちは!


本当に久しぶりにブログを書いています。
前回書いたのがなんと1年前!!

なんとまぁ。


そんなこんなで久しぶりに書くテーマは、
「パズルとゲームの違い」についてです。


「知育ゲーム」と称して売られているものには、
「ゲーム」とは言えないものが多いなぁと、
感じたのがこのテーマで書こうと思った理由です。


「パズルゲームという分野もあるじゃないか!?(怒」
と指摘を受けるかもしれませんが、
「パズルゲーム」は「ゲーム」の範疇にあるものです。


それで、「パズル」と「ゲーム」の違いなのですが、
一番大きいのは、

「ある一定の行動をしたときに一通りの反応がある」
「運の要素が排除されている」

というパズルの特徴です。
これは言い換えると、

「答えがある」

ということでもあります。


答えがあるから、
その方向に導いていきやすいという意味では、
いわゆる誰かが教えたい知識を、
いまだそれを持っていない人に伝える、
という意味においての教育には向いているように思います。

また、相手や状況によって左右されないので、
「試行錯誤を用いた学習」(たとえばプログラミング)などには
向いているように思います。


一方で「ゲーム」は、

「ある一定の行動をしたときに反応が多方向に広がる可能性を持つ」
ことが良いところであると思います。


「ある行動」はパズルにおいては、
どんな状況であっても一定の反応を返しますが、


「ゲーム」においては、
相手、状況によってその反応があらぬ方向に広がります。
サイコロの出た目によっては、
振り出しに戻るなんてこともままあるのがゲームですし、
強者とのゲームでは一方的に終わってしまうことも。


自分の自発的な行動がまた次の状況を引き起こし、
さらに意思決定をしなければならない、というのがゲームです。


「人によって異なる」ということなので、
ある知識を身につけようとするような教育には向かないのですが、
(もちろんある目的を達成する上で
一定知識を得ていく過程があるとは思いますが・・・)
プレイを通して様々なものが学べると思います。



「ゲーム」「パズル」どっちがどうということではなく、
どちらにも向いている「学び」の形態があるとは思います。

カタミノ写真.jpeg


ただ、「パズル」を「ゲーム」とは言わないでほしいなー
という想いでした。
posted by サイコロ塾塾長 at 17:47| Comment(0) | そのほか

2016年09月15日

10月1日、無料体験&保護者説明会について

こんにちは!!


さて、facebookのイベントページを作成したのですが、
10月1日(土)に井尻サイコロ塾の無料体験&保護者説明会を行います。

ninomiya_kinjirou2.png


何回か前のブログでも書きましたが、
これが井尻サイコロ塾流の「ゲーム」を伝えるの一部です。


これまで、「学童」というニーズには十分、
応えられてこれたかなと思う一方で、
「井尻サイコロ塾」らしさ、つまり「ゲーム」を使っていますよ、
という部分をお伝えするのを十分にできていないと感じています。


そこで、10月1日は実際に井尻サイコロ塾でゲームを体験してもらい、
それが、どんな力を育てることにつながっていて、
そして、学習にどういうふうにつながっていくか、
といったところまでを説明していきたいと思っています。


2020年代には、「学力」の意味合いも、
今より一層広義のものになったり、
どんどんとこれからも変わっていくかと思います。


そんな世にあっても、
変わらず、いつでも生きていける実力をつけていける場と自負しています。



よろしかったら、ぜひ親子でいらしてください。

(画像はあまり意味はありません。)
posted by サイコロ塾塾長 at 16:31| Comment(0) | そのほか

2016年09月01日

「ゲーム」を伝えること

こんにちは。

今日は、「ゲーム」を伝えることです。

みなさんは、「ゲーム」についてどんな考えをお持ちですか?

・楽しい
・産業としてすごい
・最先端の技術が使われている


という、わりと肯定的な視点がある一方で、


・子どもの暴力性に悪影響がある
・目が悪くなる
・しすぎる
・スマホなどのトラブルに巻き込まれる


などマイナス面の意見をお持ちかもしれません。



思えば、小学生の頃から、この実態のない、
マイナス面の意見と闘ってきたのかなと思います。


ストリートファイター2が流行った頃、
内容が暴力的だから、という理由でゲームを買ってもらえませんでした。


たしかに、ストリートファイターをプレイして、
「波動拳でないかな〜」とか、
「昇竜拳!!」と言ってアッパーをしてみたりとか、
それくらいの真似はしたかもしれません。


けれど、それを人に対する暴力として行ったことはありません。


「なのに、なんで買ってくれないの?」


心はその想いで支配されていました。
その反発として、成績は落とさない。
ゲームしてたとしても、
「ほら、ちゃんとできるでしょ??」
を見せていたように思います。


といっても、僕にとってゲームと同じくらい、
何かを学ぶことは楽しいことだっただけですが。


話を戻します。
ゲームには「マイナス面」が存在します。


それは、ゲームが「体験」の1つだからです。
それは拭えない。


自然の中で様々な体験をすることが、
子どもの教育によい、ということに異論を立てる人はいないでしょう。

でも、実際はけがをするリスクだったり、
何かしらのトラブルにあうリスクもあるわけです。


「体験」だからこそ、
正の影響も、負の影響もあるのです。



とはいえ、「ゲーム」となったとき、
「マイナス面」の方が今でもやや多く伝わります。
(ポケモンGOもそうでしょうか・・・)


かといって、「良い面」を伝えようとしても、
それに対する信憑性が、「自然体験」やその他の、
「よい」とされる体験に比べて圧倒的に低いです。


ですが、僕は伝えていきたい!

清も濁もそれはあります。
それでも伝えていかなきゃ、夢に近づけない。


最近話題になった記事で、
「ボードゲームの良さを伝える難しさ」
にチャレンジしたものがありました。



伝え方は極端でしたが、
なんとか「ボードゲーム」という単語に目が止まってほしい、
という思いはあったのかなぁと思いました。



まだまだ、自分は「伝える努力」をできていないと思います。
「ゲーム」を伝えることは、
今の僕にとって、また、多くの子どもたちにとって、
必要なことだと思っています。


これまでサボっていたわけではないのですが、
これからもっともっと頑張っていきます。
posted by サイコロ塾塾長 at 13:56| Comment(0) | そのほか